IQOSからヴェポライザーへ

禁煙・節煙応援ブログ

teckvape

vape

プルームテックからvape(電子タバコ)

こんばんは。さてIQOSのランニングコストを抑えながら節煙、禁煙を目指していこうと言う当ブログですがIQOSの話が出ると素通り出来ないのがプルームテックです。

 

プルームテックはJTから2016年3月に発売された加熱式タバコです。

 

 

 

 

プルームテックはIQOSになれるか?

 

プルームテックはIQOSが全国発売を控えた3月に発売されました。プルームテックの特徴はIQOSの様な掃除が必要ない使い捨てのカートリッジ形式を採用した事です。

 

teckvape

 

バッテリにカートリッジを繋ぎ専用のたばこカプセルを装着して吸います。IQOSみたいに時間制限もなく50パフするとバッテリ先端のLEDライトが12回点灯してたばこカプセルの交換を教えてくれます。

 

 

teck5vape

 

 

IQOSに比べて手間がないプルームテックですがタバコというよりパイポに近くプルームテックに移行出来た方はvapeに移行出来ると思います。

 

 

 

 

プルームテックからvapeに移行する理由

 

紙巻きタバコからIQOSに移行した方はやはり理由があると思います。例えばクリーンに吸えるとか、臭くないとか火を使わないから火災の心配がないとかそういう諸々の事情があってIQOSに移行する方が多いです。かく言う私もやはり臭わないのは助かっています。

 

ただ紙巻きタバコからIQOSって言うのは吸った口元が紙フィルターとかそういうところでの行動製ニコチン依存の人でもIQOSにし易い理由があります。

 

しかしプルームテックは煙量こそ多いもののニコチンを摂った感覚が凄く弱いんです。これはタバコ感が結構あるIQOSには移行出来ても紙巻きタバコユーザには訴求しにくい部分です。

 

平たく言うと

IQOS≒ヴェポライザー

プルームテック≒vape

と言ってしまって問題ないと思います。

 

 

 

 

そんな感じでプルームテックみたいなvapeを買ってみました

 

当ブログではIQOSからヴェポライザーに移行または併用してタバコ代のランニングコストを抑えたい趣旨があります。

ただやはりIQOSオーナーはプルームテックに注目しているしプルームテックオーナーも毎回Online Shopで送料出して数日待って買うのは面倒で次なる施策を考えたいと思います。

 

そこで私は今回vapeを買ってみました。

 

詳しくは次回に回しますがvapeは凄くいいです。昔の使い捨て電子タバコ感覚で試すとかなり衝撃を受けますよ。

 

ここで私は外出はIQOS(できればここもプルームテックにしたい)家でずっしり吸いたい時はヴェポライザー。普段はvapeにしようと考えています。

-vape