IQOSからヴェポライザーへ

禁煙・節煙応援ブログ

ecovape13

ヴェポライザー/Vaporizer

IQOSからヴェポライザーを買う時の選び方

こんばんは。今日はIQOSを使って見てヴェポライザーデビューを考えている方への記事です。現在国内でもAmazonや楽天でヴェポライザーと検索すれば結構ヒットします。そうなると実際のところどれを選んでいいかわからなくなりますね。

今日は少しその選び方のお手伝いです。

 

 

 

 

 

IQOSみたいに使いたい。そんなヴェポライザー選び

 

当ブログではIQOSをヴェポライザーの一つとして紹介していますが構造的にはヴェポライザーですが、紙巻きタバコの形式でもあります。タバコ葉を加熱して吸引するまではヴェポライザーなのですが、タバコ葉が紙で巻かれている点がIQOSの特徴でもあります。

 

heatstickvape

 

 

剥き出しのタバコ葉であるシャグを入れて吸引するヴェポライザーは吸い終わる度に掃除が必要になりますが、IQOSは基本的にチャージャーがクリーニングランプを光らせてクリーニングのタイミングを教えてくれます。

 

その辺に留意してヴェポライザーは喫煙コストは下がるけど手間はIQOSよりかかると思って下さい。

 

 

ヴェポライザーは偽物が多く壊れやすい

 

基本的にヴェポライザーは有名高級ブランドでも偽物が跋扈しています。どこで買えばいいのかって言うとやはり専門店になってきますが以前も書きましたが国内で買うと非常に高くなります。それを安全料やブランド料と取るかはあなた次第になってきます。

 

大手で有名なのは

 

 

 



 

JPvapeorさんとか海外の大手ですが

 

vapeWorld

vapeWorldさんになってきます。まだ私も新人なので買えるところは余り知らないのですが難しいならAmazonや楽天でも構いません。

 

ヴェポライザーは壊れやすく、偽物が多くオーナーはそれを心得て寛容な気持ちで買っている方がほとんどです。

 

 

 

ヴェポライザーの価格帯

 

IQOSはクーポンさえあればヒートスティック込で初回は6000円ほどで買えます。対してヴェポライザーは種類も多くてピンきりではありますが6000円~35000円ぐらいでしょうか。

 

やはり価格帯が高いほど耐久性に長け細かく設定出来て使いやすいということになってきます。

 

 

 

 

 

ヴェポライザーの種類

 

ヴェポライザーは大きく分けて二種類です。携帯性に優れたペン型と大きなデスクトップタイプです。

 

 

herbStick.jyugeru

 

 

desktopvape

 

 

やはりデスクトップの方が気化に優れ故障も少ないのですが価格が高く、また室内でもヴェポライザーのある位置に合わせて喫煙する制約があります。

 

最初はやはりペン型から入った方が良さそうです。

 

 

 

 

 

ヴェポライザーの選び方

 

 

さてIQOSからヴェポライザーに興味を惹かれた方ははやはりIQOSに近いものがいいと思いますが構造が似ているだけでヴェポライザーとIQOSではコンセプトが違いすぎて似た感じのものは中々ありません。そこで価格帯で選んで行くのですが私が買ったHerbStickECO

Gpro HerbalVaporizer

 

辺りはお手頃でおすすめです。

 

 

 

 

自分に合うヴェポライザーを探しましょう

 

最初に買ったヴェポライザーが自分に取ってベストかは中々分かりません。ただ言えるのは最初の1台は他が分からない状態なのですぐに次を買って比較していくしかありません。

 

私も買えば紹介していきますがレビューは個人の主観なのでどう判断するかになってきますね。

-ヴェポライザー/Vaporizer