IQOSからヴェポライザーへ

禁煙・節煙応援ブログ

ecovape3

IQOS ヴェポライザー/Vaporizer

IQOSみたいなヴェポライザー、HerbStickECOレビュー

こんばんは。前回はAlieExpressで購入したヴェポライザーHerbStickECOを開封してみました。思ったより充実したパック内容に驚きましたが今回は使ってみます。無印Ploomでチェのシャグを吸った経験はあるものの無印Ploomは加熱温度が低い(低いからたばこpodは鉄の容器になっています)のでうーんイマイチって結果だったんです。

 

ただ無印PloomはIQOSと並んで私をヴェポライザーの道を示してくれたので感謝しています。

 

 

 

 

 

専用ヴェポライザーでの喫煙はIQOSより自由

 

本格的なヴェポライザーの入門編として買ったHerbStickECOですが日本円で3450円ぐらいでした。送料をむs料にしたから3週間もかかってしまったのですが。

 

ecovape2

 

ではでは早速使ってみましょう。

 

 

まずはシャグを入れます。前回も書きましたが使うタバコ葉はチェの巻きタバコ用の葉です。

 

シャグを良くほぐして詰めていきます。

 

 

ecovape10

 

これぐらい詰めたらピンセットで更に軽く置くまで入れてまた少し追加で七分目ぐらいまで入れて耳かきの裏部分で軽く押し込みながら整えます。縁に付いたシャグはなんか良くない気がするからティッシュで拭き取ります。

 

この状態で吸うと煙は出ません。それがスモーカー的には刺激がないのでここで電子タバコのリキッドを垂らします。

 

 

ecovape11

 

これはAmazonで買った520円ぐらいのマルボロアイスブラスト味のリキッドです。このブログのテーマとしてIQOSより安くタバコを吸うというのがありまして、vapeで吸いたい時に代用して本数を減らすって言うのももちろん含まれます。

ただ私はまだvapeを所持していないのですが電子禁煙パイポが割りと優秀なvape代わりになってくれます。

 

 

ecovape15

 

これはプルームテックのたばこカプセルが余るのでこれを買って先を付け替えてたばこカプセル吸うのに買ったんですが2980円っていう案外いいお値段で更にこの電子パイポvapeと違うのがリキッドを入れるアトマイザって洗って何度も使えず、リキッドの噴霧が悪くなると買い換える使い捨てでアトマイザが980円。割りとランニングコストは悪いです。

 

実はこの電子パイポのスタータセットに同梱されてたメンソールリキッドが爆煙で癖がないのでヴェポライザーの煙代替成分にはいいです。

 

 

ecovape14

 

次はvapeを買いますが買うのも決めていますのでレビューします。

 

 

ecovape12

 

これでセット完了で電源を入れて熱がシャグに行き渡るのを待ちます。このHerbStickECOは温度の切り替えが出来ます・

 

 

LEDが水色→169℃

LEDが青→170~179℃

LEDが緑→180~189℃

LEDが紫→190~199℃

LEDが黄色→200~209℃

LEDが赤→210℃

 

IQOSさながらの温度なら黄色が一番いいんですが何回かの使用で青から紫、黄色で最後の方を吸うっていうのが一番癖なく吸えました。

 

 

ecovape13

 

 

 

 

 

初めてのヴェポライザー、IQOSとの違いは

 

高温で吸うと辛味が出やすくなるのが分かりました。またシャグも乾燥してると甘みが飛ぶのでその日使う分をタッパに入れてそこの軽く水を含ませたティッシュを入れて蓋をして軽く保湿しておきます。

 

そのまま吸うと煙や湯気が出なくてつまらないって方はグリセリンやリキッドを入れてください。

 

私はチェメンソールでしたがメンソール感は皆無でしたのでハッカ油かメンソールリキッドを買わなきゃなって思ってます。またそのヴェポライザーによって合うシャグ等あるみたいなので次はコルツ・グリーンティーでも買ってみましょう。

 

まだまだ私が手探りで喫味が安定しませんが上手く詰められた時はおっ!と感心する美味しさになりますがこれが安定して出せたらIQOSとの逆転は起きそうです。ただ研究しながら結構吸ってますがまだチェのシャグが半分ぐらいあるのでコスパは素晴らしいと思います

 

IQOSからヴェポライザーが気になった人の入門編にHerbStickECOは超おすすめです。

 

 

 

-IQOS, ヴェポライザー/Vaporizer