IQOSからヴェポライザーへ

禁煙・節煙応援ブログ

iqosvape2

ヴェポライザー/Vaporizer

IQOS(アイコス)からヴェポライザーにする理由。ランニングコスト

2016/06/13

こんにちは。さて前回ではIQOS(アイコス)について書きました。これで紙巻きタバコからIQOS(アイコス)に移行する理由が少しは分かって貰えたと思います。

もちろん禁煙するのが一番ですがタバコと言う生活リズムに密着した嗜好品をやめてしまうのは中々容易ではありません。ならばいっそ上手く付き合いながらマナーを守って共存するのもありなんですよ。理想は自宅だけスモーカーですけどね。

 

 

 

IQOS(アイコス)は次に繋げる可能性を秘めています

 

その自宅スモーカーさえ許さないのが昨今の日本の住宅事情です。最近は入居時に敷金礼金が不要か安めで入居出来る分退去時に修繕、営繕費がかかってくるシステムです。

喫煙の形跡がある部屋では基本的に壁の張替え費用は全額負担になります。

 

基本的に、タバコのヤニ汚れがある部屋では、壁紙の貼替費用は全額請求になる

 

流石に部屋でタバコを吸うのを考えていですが、最近ではベランダ族が洗濯物を汚すと言う案件で判例も出ています 。

 

そんなあ…。

自宅で自分で買った法律で許されたもんでんねん!萬田はん、そんなん殺生でっせと言ってもこれには上記リンク先にもきっちりと理由があって請求されます。

 

 

winston.vape

 

 

紙巻きは圧倒の臭さと黄ばみ

私も現在賃貸で入居から当分自宅で紙巻きタバコを吸っていました。これが案外簡単に臭いは抜けないんですよね。ここに来る前に住んでいた部屋もなるだけ一部屋でタバコを吸うように気をつけていましたがやはり結果的に全部屋分請求されました。

 

ただでさえ街頭ではパレスチナの民ばりに迫害されているスモーカー。あまりの立場の弱さと喫煙所の少なさに辟易して禁煙を始めたソルジャーも多数います。

 

ここに一つ面白い話があります。

 

 

 

キセルが主流だった頃、嫌煙活動はなかった

 

日本で紙巻きタバコがメインストリームに食い込んでくるのは1980年台で70年台後半からキセルと紙巻きタバコのシェアは拮抗していて、それはもう剣心と志々雄の刀がぶつかり合うが如く。

そして嫌煙権なる言葉が生まれたのも1979年にコピーライターの中田みどり氏によって誕生したって事はもうこれ紙巻きタバコが臭いってことなんですよ。

 

 

 

 

 

IQOS(アイコス)にしてみたら紙巻きの臭さが分かった

 

私がIQOS(アイコス)を買って次第にIQOS(アイコス)の頻度が上がってきた頃会社の喫煙所や街の喫煙所で驚くほどタバコが臭いことを思い知りました。

私は元々鼻が利く方なんですがもうなんか拷問でしたね。

 

 

iqosvape2

 

IQOS(アイコス)を吸い続けると

 

そして私は自宅ではIQOS(アイコス)、職場では紙巻きタバコという生活を暫く続けました。なぜ職場では紙巻きタバコだったかというとIQOS(アイコス)はやはり点火に時間がかかるのが休憩時間の少ない私にはネックでした。

 

また紙巻きでは3分以内に1本吸い終えるのですが、IQOS(アイコス)を最大限に美味しく吸う為にはゆっくりと時間をかけて吸う必要があり、10分しかない休憩時間では中々厳しいんです。それに昨年なんてIQOS(アイコス)オーナーはほとんどおらず目立つ目立つで奇異の目で見られたり質問されるのも面倒でした。

 

 

 

 

自宅でIQOS(アイコス)を吸っていたら問題発生

 

今年に入ってから私も堂々としていて一気にIQOS(アイコス)1本にしました。私は一人暮らしではなく一緒に住む彼女がいて、彼女も喫煙者ですがタールが少なく色がつかないIQOS(アイコス)で歯のヤニ対策にIQOS(アイコス)を使い出し2人でIQOS(アイコス)オーナーとなったのですが窓を開けるのを躊躇う冬が過ぎた辺りIQOS(アイコス)も案外臭いって言うか臭うのですよこれ。

 

 

IQOS(アイコス)オーナーの私が臭うのですから多分非喫煙者はもっと臭うと思います。

 

 

iqosvape3

 

IQOS(アイコス)でも軽くタバコ臭い

 

もちろん紙巻きタバコに比べたら微々たるものです。フリーザの前のドドリアさんみたいなもんですが気にはなります。そこでIQOS(アイコス)を買ってから気になっていた電子タバコのヴェポライザーを購入することを決めました。

 

 

更に言うとIQOSIqosは人によってコスパが悪くなります

 

IQOS(アイコス)は前述の通りスパスパ吸うとすぐに吸えなくなって物足りなく本数が増えたり、美味しくて本数が増えやすかったりします。

 

もう一つ言うと従来の紙巻きタバコとIQOS(アイコス)のヒートスティックが同じ460円ですから本数が増えた際は初期導入費用も加味するとランニングコストは高くなりがちです。

 

 

 

電子タバコは大別して二種類

 

電子タバコと言っても禁煙グッズとしてのアトマイザにリキッドを入れて気化させた成分を吸うvapeと巻きタバコのタバコ葉(シャグ)を詰めて気化させるヴェポライザーの二種類に大別されます。私は迷わずヴェポライザーを買うことを決めました。

シャグは一袋平均650円~850円くらいですが量が多くてヴェポライザーや巻きタバコに使うとかなりコストダウン出来ます。

 

買ったヴェポライザーはHerbStickECOと言うもの

 

 

 

 

 

楽天やAmazonではそこそこのお値段ですが、私はアリババの個人販売サイトAlieExpressで買いました。

まあ値段は安くなりますがハードルはめちゃくちゃ高いです。入荷されてもすぐ売り切れますがAmazonや楽天にあればそっちで買うことをおすすめします。

 

結果として買って良かったですね。

 

-ヴェポライザー/Vaporizer